町田市成瀬台のピアノ教室なら「サロン リチェルカーレ」

会員ページ

5月のレッスン

★ 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための自粛は、やはりまだ必要なため
今月のレッスンもオンラインレッスンとさせていただきます。

★ 4月と5月分の月謝のお振込みをお願いいたします。
発表会に出演された子どものクラスの方は、4月分1/2と5月分の合算となります。
兄弟で習われている方・発表会参加費を月謝に充当予定の方・幼児さんへ、振込金額を連休中に
LINEにてご連絡いたします。

振込先 三井住友銀行 町田支店 普通口座07721437
名義 タカノ ユミ

締め切り:13日15時までに着金となるようよろしくお願いいたします。

★ 4月の半月をオンラインで行い、FaceTime,skype,zoomの使い勝手を比べてみたところ、
どれも一長一短ありますが、特にskypeは画像が乱れ止まる・音が小さくなったり大きくなったりする・音が届くまでタイミングのずれが大きいと感じました。
zoomもskypeほどではありませんが同じような現象はありますが、zoomの良いところがあります。
それは、私の方で2つのタブレットを使い、話している顔と鍵盤両方を同時に映すことができるということです。私が弾く手の形や弾き方をそのまま伝えることが可能です。
可能な方はzoomもインストールしておいてください。

よろしくおねがいいたします。

 

新型コロナウイルスパンデミック期レッスンについて

連休明けのレッスン

緊急事態宣言は一応連休明けまでということでしたが、到底連休で終息に向かうとは考えづらい状態ですね。
対面レッスン再開もすぐにはできないと考えております。

5月1日に専門家会議があるようなので、政府の方針発表を待ってレッスン再開についても決定いたします。


5月分月謝について

連休明けに通常レッスン(対面にて)で行えるようになった場合、5月初回にお持ちください。
オンラインレッスンが続く場合、お振込みをお願いいたします。
期日、振込先は連休明けの動向がはっきりしましたらお伝えします。
発表会に出演した方、しなかった方、オンラインレッスンの回数や幼児クラス、小学生クラスそれぞれお支払い金額が異なりますので、個別にご連絡をいたします。

お支払期日は5月13日とさせていただきます。


オンラインレッスン状況

ほとんどの皆様がオンラインレッスンを受講して下さり、ありがとうございます。
いつもはレッスンに付いて来られない保護者の皆様もオンラインで伝わりにくいところをフォローしご協力くださり感謝しておりますm_ _m

半月の間オンラインレッスンを行ってみて新たな発見もありました。

まず、お家での練習するときの椅子の高さの問題点を発見できました。
腕や手の位置は大変大事で、椅子の高さが弾き方に関わってくるのでアドバイスができてとっても良かったです。
そして、特に3~4年生以上の生徒さんは、注意やアドバイス・次回までに行うことを楽譜やレッスンノートに自分で書き入れることで意識が深まるという利点もありました。
また、予想以上に音色がわかるという発見もありました。

欠点としては、目の前での指導はもちろんのこと、映像と音が遅れて届くので、同時に歌ったり拍を数えることができないことが挙げられます。

このような事態ですので、全くレッスンがなくなってしまうよりは有効と考え、事態が続くようでしたら積極的に取り入れたいと思っています。

連休中の宿題

以下は、4月1~2週の休み中の宿題として挙げたものをまた載せておきます。
子供たちは学校も休みが長く続き、時間を持て余したり家庭の手伝いをしたり、自主勉をしたりでそれぞれの生活により様々な毎日をお過ごしのことと思います。
こういうときこそ、ぜひ「音符ビッツ」を!
オンラインレッスンで個々に宿題を出していますが、時間があったらいつもやっておくと良いことを載せておきます。

*繰り返し読みましょう
音符ビッツカードは何度も繰り返し唱えて覚えていくという特徴があります。
小学生のみなさんは、読めるところは何度も読んでください。
できるところを刷り込みで何度も読むことで、予想もしていなかった脳の成長が見られます。
レッスンに付いて来られる保護者さまにはよくお話ししていますが、できることを何度もすることで、きらめきや創造力を生み出すことができるというのも脳科学から生まれた音符ビッツの特徴です。
*読めないカードはゆっくり
メロディービッツをゆっくり一枚づつ音読してみる、CDをききながらめくる、いっしょに歌う、めくりながら歌う、3枚続けて(ト音記号)2枚つづけて(ヘ音記号)など、レッスンでも行ったことを思い出してやってみてください。
全て速読も合格している生徒さんは、シャッフルで速読をチャレンジしてください。
CD2の和音もよく聴いてください。特に6歳までの生徒さんは絶対音感がつきます。
*ノートにカードを書き写しましょう
音符の書き方を習った生徒さんは引き続きカードをノートに写しましょう。
幼児さんはアリーちゃんノートにクレヨン色付きで、小学生はピンク一段ノートに書いてください。カード番号も忘れずに。

なお、皆さんにそろえていただいてあるCD2には、メロディービッツはト音記号No.78までしか入っていません。ご希望の方はCD3(ト音記号79~114、ヘ音記号74まで入っています)をご購入いただけます。
その他、ご希望でしたらメロディービッツヘ音記号、リズムビッツ、和音ビッツカード(ト音記号・ヘ音記号)もご購入いただけます。
ご希望の方はご連絡ください。
ノートがなくなってしまった場合もお申し出ください。

*幼児さんへ
幼児さんはレッスン回数が少ないですが、レッスンのみの習得ではなく、特に毎日の刷り込みによって成長が著しい時期ですので、幼児期に最適な音符ビッツ学習法をご活用ください。
保護者様といっしょにカードを見る読むなぞる、聴くということを遊びの中で行っていただくと素晴らしい効果を体感することができます。

*音楽環境のすすめ
今年はお出かけはできない状況ですので、できるだけ有意義に過ごせるよう音楽的な環境も取り入れていただけるとよいと思います。
幼児~小学生時期にクラシック音楽を聴く環境を作っておくと、「その後の人生が違ってくる」と言っても過言ではないほど良いことがたくさんあります~理由詳細はまた機会がありましたら~
夕食テレビを見るよりBGMで聴いたり、寝るときにクラシックの静かな曲や子守歌を流してみるなどいかがでしょうか?
聴く際にはできるだけよい演奏をお勧めします。
気軽にyoutubeで流しておくのもよいです。
例えば~
https://www.youtube.com/watch?v=ZKFwQFBwQFU
↑これはいろいろミックスですが、夜には夜の曲(ドビュッシー作曲「月の光」・モーツァルト作曲アイネクライネナハトムジーク・ショパン作曲ノクターン集)朝にはさわやかな春の曲(ヴィヴァルディ 「四季」より春・ベートーヴェン作曲 ヴァイオリン・ソナタ第5番「スプリング」,シンフォニー第6番「田園」)など聴き分けると自律神経に働きかけることができます。
ご家族で聴いてみてください。
また、小学生になると作曲家について調べる、楽曲について知るといった、ある1曲について深めて聴き知ることも興味を深めることができます。
一部の方にはすでに紹介している本もあります。
ここでは画像を添付しにくいのでLINEで送りますね。

3蜜を避け、手洗いを徹底し皆さんで新型コロナウイルス撲滅まで乗り切りましょう!

 

続 緊急事態宣言発令により~ご連絡です!

皆様にお願いです。
現在、大人のクラス、子どものクラスごとにLINEでグループラインを作り一斉に細かな連絡事項を
送っています。
SNS.ショートメールで連絡しあっている生徒さんは一人一人に連絡事項を送っていますが、可能でしたらLINEアカウントを作っていただけると非常に助かります。
LINEアカウントを作りましたらご一報ください。
グループに招待します。

また、この会員ページは普段あまり記事をUPしていないこともあり、「会員ページに記事を載せました」とLINEやショートメールでアナウンスしないとどなたからも確認メールが届きません。
特にこの事態ですので、新コロナウイルスが落ち着くまでこのようにUPしていくと思います。
お忙しいとは思いますが、時々チェックしてください。

なお、まだ確認メールを送っていない方は、オンラインレッスンについてご検討の上、確認メールをください。15日から始まりますので、今週中か週明けにはお返事いただければ幸いです。
できるだけ皆さんと今月レッスンをしたいと思っています。

ビデオ通話・スカイプ等オンラインビデオ通話についての説明をいたします。

〇iPhoneの方
私はiPhone/iPadを使っているため、同じ方はMessengerでビデオ通話ができます。
こちらから呼びますのでタップしていただければ可能です。
iPadがあれば画面も大きくパソコンテレビ電話と同じように使えます。
こちらからではなく、呼んでいただく時は、アドレス帳の名前の下にあるビデオ通話をタップしていただければつながります。

〇スカイプ
インターネット上で世界中の人とテレビ電話ができるスカイプはとても便利、わからない方はスカイプの使い方で検索すると説明サイトがでてきます。
PCでは大きい画面で見やすくレッスン可能です。
インストールしてアカウント作り、相手が承認すればテレビ電話が可能です。
iPhonの方で大きな画面がよい方はスカイプでもOKです!

〇zoomという会議もできるアプリがあります。
スカイプよりインストールの仕方が簡単かもしれません。
スマートフォンのアプリインストールし、アカウントを作ればテレビ通話できます。

世の中はどんどんインターネットで様々なことができるようになっています。
7年ほど前にスカイプを使わざるを得なくなり、苦手意識をもっていましたが手順の説明通りやってみると意外に簡単にできるものだ、と思えました。
ぜひ、アカウントを作ってみてください。

 

緊急事態宣言発令により~ご連絡です!

よくお読みになり、確認された方はLINE,SNSショートメールにて「確認メールを送ってください」

4月14日までの休室の予定を5月の連休6日まで延期いたします。
全くレッスンがなくなってしまっては、忘れてしまったりせっかく身についていた音楽の基礎までも薄らいでしまってはもったいないので、ビデオ通話・スカイプでレッスンいたします。

これら遠隔レッスンは15日から行います。
可能な限りご参加ください。
確認メールに、遠隔レッスンが可能か否か、ビデオ通話かスカイプか、その他質問等(あれば)をお書きください。
IDは行う際にお教えします。

[回数と4月の費用について]
幼児クラス 月2回の生徒さん 4月1回 月謝の1/2
 〃    月3回の生徒さん 4月1回 月謝の1/3(少数点切り捨て)

子どものクラス(幼児で45分の生徒さん含む)生徒さん4月2回 月謝の1/2
その他小学生60分レッスン、中学生75分3回の方は個別に対応
通常の対面レッスン以外無理な生徒さんは、規約にある一ヶ月お休みする場合の在籍料として30%をお納めいただきますのでご了承のほどお願いいたします。
お支払いは5月のお月謝と一緒でお願いいたします。
発表会に出演されず相殺とした小学生の方は、遠隔レッスン参加状態により個別に対応いたします。

[レッスン時間についてと月謝について]
基本的に、新年度からのレッスン時間としてご連絡してある時間といたします。
遅めの時間の方は、双方可能の場合昼間の時間に変更する場合があります。
後日LINE,SNS(画像が可能な方)は年間予定表を画像にて送信いたします。
子どものクラスの生徒さんは、4月を除いた11か月で、年間予定回数を分割でお月謝としてお納めいただきます。2回の月があってもお月謝は半額ではありません。ご了承ください。

[休み中の宿題]
子供たちは学校も休みが長く続き、時間を持て余したり家庭の手伝いをしたり、自主勉をしたりでそれぞれの生活により様々な毎日をお過ごしのことと思います。
ピアノ教室も休みだからと何もしない。。。なんていうことはないと信じたいところではありますが、教室から宿題が出ないと何をしていいやら?ですよね?
こういうときこそ、ぜひ「音符ビッツ」を!
*繰り返し読みましょう
音符ビッツカードは何度も繰り返し唱えて覚えていくという特徴があります。
小学生のみなさんは、ゆっくりでも読めるところは何度も読んでください。
できるところを刷り込みで何度も読むことで、予想もしていなかった脳の成長が見られます。
レッスンに付いて来られる保護者さまにはよくお話ししていますが、できることを何度もすることで、きらめきや創造力を生み出すことができるというのも脳科学から生まれた音符ビッツの特徴です。
*読めないカードはゆっくり
メロディービッツをゆっくり一枚づつ音読してみる、CDをききながらめくる、いっしょに歌う、めくりながら歌う、3枚続けて(ト音記号)2枚つづけて(ヘ音記号)など、レッスンでも行ったことを思い出してやってみてください。
全て速読も合格している生徒さんは、シャッフルで速読をチャレンジしてください。
なお、皆さんにそろえていただいてあるCD2には、メロディービッツはト音記号No.78までしか入っていません。ご希望の方はCD3(ト音記号79~114、ヘ音記号74まで入っています)をご購入いただけます。
その他、ご希望でしたらメロディービッツヘ音記号、リズムビッツ、和音ビッツカード(ト音記号・ヘ音記号)もご購入いただけます。
ご希望の方はご連絡ください。
CD2の和音もよく聴いてください。特に6歳までの生徒さんは絶対音感がつきます。
*ノートにカードを書き写しましょう
音符の書き方を習った生徒さんは引き続きカードをノートに写しましょう。
幼児さんはアリーちゃんノートにクレヨン色付きで、小学生はピンク一段ノートに書いてください。カード番号も忘れずに。
*ピアノ
テキストで合格していない宿題の曲は練習しておいてください。
たまに前にやった曲を弾いておくことも有効です。

以上、宿題で「わたしは何をしておけばいいの?」という人は個別にアドバイスしますのでご連絡ください。

続編でお家でできる音楽生活のヒントを載せます。
またご確認ください。

では、確認メールをお待ちしています♪

 

保護者様へお願い事項

あいさつについて

今年の抱負のひとつとして、生徒のみなさんに「あいさつ」を指導していきます。
ブログ(会員ページではなく公開のブログです)「子どもの生徒さんに徹底しようと思うこと」をご覧ください。
本当にあいさつできる子は数人です。
しない子が大半といってもよいほどで、口うるさく言いたくないことを意を決して指導していくことにしました。
ご家庭でも「あいさつするのよ」だけではなく、どのタイミングでどう言えばよいのか?
具体的に生活の中で取り入れるとよいのではないかと思います。
教室でも来た時から指導いたします、ご了承ください。

月謝について

月謝は翌月分を月最後のレッスン時か月初のレッスン時にお支払いいただくようお願いいたします。
お忙しいくてついつい、ということもあろうかと思いますが、事務仕事もすべて一人で行っているためご協力くださるようお願いいたします。
また、お渡ししてある規約は時々ご覧になりご確認ください。

レッスンノートの確認について

ご入会いただいた子どもの生徒さんにひとりづつレッスンノートをお渡ししています。
毎回のレッスン内容や宿題を書いていますので、毎週1度は保護者様に目を通していただくようお願いいたします。
個人的な連絡事項を記載しています。
また、宿題忘れも多くありますので気が付いたときに、お子様にお声がけや確認いただけるとレッスンもスムーズに進むことができますのでお願いいたします。


感染症予防について

11月にお配りしたお知らせにも記しましたが、ひきつづき感染症予防のご協力をお願いいたします。
アレルギーや喘息の方はこの限りではありませんが、風邪で咳や鼻水が出る場合やインフルエンザの恐れがある場合、また、風邪の咳でマスクをして来るお子様がいらっしゃいますが、子どもはマスクを触ることが多くあまり意味がありません(予防でしてくる方は除く)
無理せずご遠慮なくレッスンをお休みください。

子どもは鼻をよくいじります~4年生くらいまではよく見ます~
鼻水等ついた指でピアノを弾いてしまいます。
気づいたときは手を洗う・拭くなど対処しています。ご了承ください。
また、ご家庭でもご指導願えると幸いです。

風邪かどうかわからない状態で、ふいに咳が出たときに手でふさぐことが多いですが、できるだけ腕でふさぐようにしてくださるようお願いいたします。

色々と細かいところまで恐縮ですがご協力をお願いいたします。

 

教室メールアドレスについて

この度教室宛のメールアドレスを変更させていただきました。

b211salon@yahoo.co.jp

レッスンの欠席等のご連絡は、緊急な場合電話、携帯番号ショートメール、又はLINE(ID:klaviergarten)
にてお願い致します。

 

 

 

町田市成瀬台のピアノ教室なら「サロン リチェルカーレ」 PAGETOP