町田市成瀬台のピアノ教室なら「サロン リチェルカーレ」

中学生の男子が、夏休み中に音楽教科の苦手意識を克服しようと勉強しに来ていて、予定していた4回が終了しました。
1回目は こちら をご覧ください。 
     ↑
     クリック    

行ったことの覚書き

次回学校の定期試験の出題範囲

  J.S.Bach フーガト短調(小フーガ)
  夏の思い出
  荒城の月
  夏は来ぬ
  アルトリコーダーを吹けるようにする

対策レッスン

1回目 

フーガト短調(小フーガ)J.S.Bachについて、フーガ、パイプオルガンのことなど、教科書内容の説明
夏の思い出 作詞・作曲者について、歌詞について、メロディー歌う、曲の構成
音楽の基礎的理論 調性について・長音階の説明

2回目

荒城の月 作詞・作曲者について、歌詞について、メロディー歌う、曲の構成、曲の特徴、滝廉太郎と山田耕筰の変化
音楽の基礎的理論 短音階の説明・音程について、音の長さについて、拍子について

3回目

夏は来ぬ 作詞・作曲者について、歌詞について、メロディー歌う、曲の構成、曲の特徴
音楽の基礎的理論 調について復習・何調か判断の仕方数をこなして練習、ハーモニ(和音について)

4回目

リコーダーを吹くために 音を読むトレーニング

 

できない意識の素を発見!

これまで、教科書に移動ドで音の読み仮名をふっていたので、見ながら音名で歌えていましたが、固定ドで読んでみると音を考えながらでないとスラスラと読めないことを発見。
これではリコーダーの押さえ方がわかって曲にして吹くことはできません。

音読みのコツを説明し、音読みの練習に時間を費やす

もう一回行うことにして、そう復習と次回アルトリコーダーの練習をします。

4回目で、前より音が読めるようになって、楽しくなった様子。
ピアノにも興味をもってくれたようでした。
音楽好きになってくれたら嬉しいです。

 

textbook_02

町田市成瀬台のピアノ教室なら「サロン リチェルカーレ」 PAGETOP