町田市成瀬台のピアノ教室なら「サロン リチェルカーレ」

生徒さん一人一人の進歩は千差万別、比べるものではありません。

教師として本当に楽しみです。

特に子供の生徒さんは、身体や心の成長とピアノ演奏能力や音楽知識の習得が相まってそこにドラマが生まれ、微笑ましくもあります。

中には理解力に優れていて、手先や運動神経も優れ、苦無くしてなんでもできてしまう子がいれば、なかなか理解できず、弾けるようになるのも時間がかかる子もいます。

どの子も同じに可愛いいです。

 

ピアノを習うって、どんなことをするの?

ピアノを弾くということは、たくさんの脳神経の連携プレーでできることです。

そのためには、音楽の決まり事の理解を少しづつ実践し身につけて行きます。

例えば、音楽には拍子(一定の拍の集まりの連結)があって、そこに音の長さであるリズムが当てはまり、リズムに音がついていて、弾くときにはどの指で弾くと次々と続く音を弾きやすくなるかを考えてつけられた指使いを守って弾くとスムーズに指が運べます。

導入、初歩の子は単純で短い音の連なりからこのことを習得して行くわけですが、リズムの種類を覚えていったり、楽譜に書かれた音を読めるようにしたり、また調性やハーモニーについてなどなどと、弾くためのテクニックを習得してピアノが弾けるようになります。

これら習得するために、ソルフェージュ(音の高さやリズムを、知識と体感で習得し、楽譜を読む力を身につけ、音楽表現に役立てる力を養うもの)のレッスンも取り入れ、教本を用いて弾けるように練習して行きます。

特に当教室では楽器演奏がスムーズにできるよう、幼少期に理屈では無く母国語を覚えるように
すんなりと身につく教材「音符ビッツ」を使い習得します。

さらに、奏でた音を音楽として感情豊かな表現力を身につけます。

ざっと書くとピアノを弾けるようになるにはこのようなことをして、だんだんと複雑な曲を弾けるようになるよう練習して習得して行きます。

 

ピアノレッスンにドラマが生まれる

とってもスムーズに習ったことを習得し難なくテクニックを身につけて、音楽的な表現もうまくできる子は多くはないです。

苦手なことやできることは人それぞれ・・・・・

例えば、楽譜に書かれている音を読むのが苦手、リズムがつかめない、片手づつだと弾けるのに両手で弾くと右と左が一緒に動いてしまう、指使いを守れなくて繋げて弾くところが切れ切れになってしまう、思うように手が動くようにならない、などなどきりがないのですが、こんなところがありがちです。

この中の一つがどうしてもできないということで、涙ポロポロ・・・家ではお母様も悩み、辞めるか頑張って続けるか相談したり。
子供がピアノを弾けるようになる姿を脳裏に浮かべるお母様の夢があったり。
あんなに分からなくて悔しい思いをしたのに、ある日突然、パッとひらめいて分かるようになって晴れ晴れした顔をしたり。

たくさん練習して努力して仕上げた曲が、コンクールなどで素晴らしい評価をもらえて嬉しいことがあったり。。。

本当にたくさんのドラマがあり、それで子供達は心の成長もしています。

ピアノを通して心と体の成長を見守りながら、ピアノを弾けて音楽を一生の友とできる子供の成長の手助けをして行きたいと思っています。

 

町田市成瀬台のピアノ教室なら「サロン リチェルカーレ」 PAGETOP