町田市成瀬台のピアノ教室なら「サロン リチェルカーレ」

一般的にピアノを習うことで得るもの

お子様にピアノが習わすことを考えるとき、どんな未来を想像しますか?

クラシックの有名な曲を弾いている成長した我が子の姿、楽しくキーボードで知っている曲を語り弾きしている姿、はたまたピアニストになった姿でしょうか?
どれも憧れの姿ですね^^

ピアノを習うことで単にピアノが弾けるようになるということだけでなく、脳科学から見て脳の成長に良いことが証明されています。

中でも、頑張る力、集中力が身に付くのはもちろん、視覚・聴覚の刺激と手・指を連動させるため、器用になる運動神経が良くなることや語学にも適応できる脳を作るなどの効果があります。
脳の中がフル活動するので脳細胞も増え、イメージ力、記憶力、学習能力も高まります。
また、見えない物を想像する力や計画性は、生きていく力にも繋がります。

しかし、ピアノ教室にありがちな、ただ楽譜に書かれていることを鍵盤に移して指を動かす、また音感を身につけたり音楽の決まりをを学ぶ(ソルフェージュや楽典と言われるもの)だけでは十分にピアノを習う利点を活用し切れていません。
ただ左右別々な動きで指を早く動かし音を鳴らすことができるというだけに留まります。

ピアノを習うことで得るものをさらにステップアップ!

ピアノを通して想像して表現することを目標とし、そこに行き着く過程として必要な要素を要領よく習得することが上達の近道です。
等ピアノ教室では、以前に挙げた乳幼児の脳科学に基づいて作られた教材を使うことや、音楽表現のための一音とそれが連なったフレーズを歌わせるテクニックを指導しています。

このような習得法は、絶対音感や音符が早く読めるなどの音楽の基礎能力やピアノ演奏能力を非常に高め、上記に挙げた脳の成長に良い事柄のほか、音楽だけでないあらゆる分野に共通する脳の機能を高めます。

また、見えないものを想像する力は、心を察するなどのコミュニケーション能力を含め創造性に満ちた大人への成長を誘います。

 

 

町田市成瀬台のピアノ教室なら「サロン リチェルカーレ」 PAGETOP